ペニス増大手術は危険!?気になる手術法をご紹介!

ペニス増大手術と聞けば、普通の人は身構えますよね。手術自体嬉しいことではないのに、さらにその場所が陰部となればなおさらです。包茎治療の手術を行うことができない人と同じ理由と言えるでしょう。

しかし、今や増大手術は、「プチ整形」と同じような感覚で行われています。しっかりした医療機関さえ選べば、失敗する可能性は限りなく低くなります。何よりも増大効果が一番期待できるというのが強みでしょう。

手術法はどんな内容?

増大手術にも幾つかの種類がありますが、主流となっているのは「埋没陰茎長茎法」や「亀頭増大法」といった方法です。

埋没陰茎長茎法とは?

お腹に埋没してしまっているペニスを引き出すことによって、露出している性器部分を大きくする方法です。今では切開しなくてすむ方法もありますし、自然に近い増大法なので試してみる価値はあるでしょう。

亀頭増大法とは?

亀頭部に薬剤を注射することで増大させる方法です。聞いたことがある人もいるでしょうし、前述したプチ整形感覚でできるために利用者は多いと言えます。上記の埋没陰茎長茎法では満足のいく効果に至らなかった人はこちらを選びましょう。

一時的に注射の跡のようなものが残りますが、数日で目立たなくなります。

失敗するリスクはありますか?

手術である以上、リスクは0%ではありません。亀頭増大法の場合、薬剤が体内に吸収されてしまい数ヶ月後に元のサイズに戻ってしまった、というケースがあります。

埋没陰茎長茎法の場合ですと、勃起時に角度や方向が曲がってしまった、下を向いてしまったという報告例もあります。またここでは例を挙げませんが、切開手術の場合は傷口は残ります。目立たないほどと説明はされますが、少なくとも自分が見てわかる程度には残ると言えるでしょう。

これらを考えると安易な手術というものも考え物だと言えます。やはりリスクを抱える以上、他の方法を試しても効果がなかったときや、本当に悩み苦しんでいるという場合に限った方がいいかもしれません。

元に戻る可能性を考慮した上であれば、亀頭増大法は気軽に試せると言えますが費用もそれなりに掛かってしまいます。
(薬剤にもよりますが安くても5万円で、高いもので20万ぐらいするものもあります)

顔のように露出しているわけではありませんが、大切な性器です。興味本位で行うようなものではないということだけは付け加えておきます。
※いずれの施術法も効果には個人差があります。

合わせて読みたい
最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ペニス増大はできるのか?サプリメントで増大を実感!

NO IMAGE

ペニス増大にはサプリメントがいい!?気になる効果とは?

NO IMAGE

ペニス増大マッサージでペニスを大きくする方法とは?

NO IMAGE

ペニス増大には食生活の改善!?足りない成分はサプリで補う!

NO IMAGE

旦那(彼)のペニスが小さくて満足できない時の3つの対処法

NO IMAGE

男性器増大医療器具でペニスは大きくなる?