イチョウ葉エキスで勃起持続力アップ!?効果と副作用について

全身を健康的な状態へと近づけてくれる万能のハーブとして「イチョウ葉エキス」が最近注目されてきています。実はどんな仕組みで体に作用しているのかは、まだはっきりわかっていません。適切な量を摂取することで、体に良い効果をもたらしてくれる可能性も報告されています。

イチョウ葉エキスを摂取することで効果があるとされているのは、アルツハイマー、認知機能の減退、抑うつ、喘息、アレルギー、生理前症候群(PMS)、視力減退、加齢による難聴、末梢血管障害、高血圧、更年期障害、耳鳴り、めまい、心臓病、脳卒中、糖尿病性網膜症、高山病、冷え性、肩こりなど。

ザッと挙げただけでもこれだけの効能が報告されています。

イチョウ葉エキスの効果

イチョウ葉には2つの有効成分が含まれています

フラボノイド

強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きをするので老化を予防する効果があるとされています。イチョウ葉にはケルセチン、ルチン、ケンフェロール、イソラムネチンなど13種類以上のフラボノイドが含まれています。

ギンコライド

イチョウ葉だけに含まれている物質で、他の植物には含まれていません。血管を広げて血液の流れをスムーズにする効果があり、血小板が固まるのを防ぐ効果があるとされています。

それ以外にも血栓ができにくくなったり、毛細血管を保護したり、強化を見込めたりすると考えられているのが特徴です。

イチョウ葉エキスの秘密

イチョウ葉エキスにはギンコライドという成分が含まれているということは、すぐ上でも紹介しました。実はこのギンコライドは、血流の改善に非常に効果があります。これは勃起に対して大きな効果を期待できるのです。

勃起の原理は、平常時には血流が活発になることを抑制する平滑筋細胞が活動しています。この平滑筋細胞の抑制は、性的な刺激を受けたときに神経伝達物質を分泌し、その働きを弱めていくのです。

その影響で血流の流れが活発化し、勃起に繋がるという仕組みとなっています。勃起の維持は、血流で満たされたため動脈に圧力が掛かることで起こるのです。血流が男性器から出ていきにくくなるため、勃起状態が続くというわけですね。

勃起の維持には血流の改善が大事になりますので、ギンコライドがそれを助ける役割を果たすわけです。

イチョウ葉エキスの副作用

基本的に副作用はありません。しかし、ギンコール酸というアレルギー源が含まれています。アレルギーがある人は注意が必要ですね。

またイチョウ葉エキス自体がまだ研究中のため、どういった体質の人にどういった症状が現れるかなどの臨床試験が十分ではない可能性もあります。どうしても気になる場合は、医師に使用しても問題ないかを相談してみるといいでしょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

マカが精力剤に使われている理由。効果と副作用について

NO IMAGE

天然のバイアグラ「ソフォン」の効果と副作用について

NO IMAGE

カツアーバ(カツアバ)で勃起不全改善!?効果と副作用について

NO IMAGE

知っておいた方がいい精力が向上する7つの成分とは?

NO IMAGE

精力剤に配合されている成分、ガラナの効果と副作用について

NO IMAGE

精力剤の成分「亜鉛」の摂りすぎは危険!?効果と副作用について