植物界のシーラカンス「ムクナ」の効果と副作用について

それでは精力剤に配合されている成分「ムクナ」には、いったいどういった効果があるのでしょうか?マカなどに比べて優れているのか、それともまったく違う効果があるのか、その辺りを詳しく見ていきたいと思います。

「ムクナ」は「ムクナ豆」という名称で、その名の通りマメ科、蔓性の一年草です。ネパールやヒマラヤ山脈の近縁が主な原産地とされており、「植物界のシーラカンス」などと呼ばれるほど起源の古い植物の1つなのです。

ムクナ豆自体は古くから利用されており、数千年の歴史を持つインドの医学書「アーユルヴェーダ」にも記されているほどです。

ムクナ豆の効果

ムクナ豆には「Lドーパ」という物質が多く含まれています。Lドーパとは神経伝達物質であるドーパミンの材料で、摂取後に体内でドーパミンへと変換されます。Lドーパを含んでいる植物自体は多くありますが、ムクナ豆は特に多く含まれていることで注目されています。

パーキンソン病に特に効果的

パーキンソン病とは、神経伝達物質ドーパミンの生成量を減少させ、脳からの指令が体の各部に十分に行き届かず、運動機能に障害が発生する病気です。

「何か最近体の動きが鈍いな?」や、「思っていたより体がついてこなかった。年かな」といった症状は単なる老化ではなく、パーキンソン病が始まってきている可能性があるわけです。ドーパミンは直接摂取しても脳内には届きません。

そこで、Lドーパを摂取することで脳内に送り届け、脳でドーパミンへと変換させる働きをするわけです。

生活習慣病を予防する効果

ムクナ豆には、食後の血糖値上昇を抑制する働きがあるとされています。そのため糖尿病予防にも役に立つと考えられています。

○疲労回復

ムクナ豆には必須アミノ酸も豊富に含んでいます。これにより、そら豆やいわしに匹敵する効果を持つムクナ豆が、疲労回復効果、および成長促進に役立つとされています。

ムクナ豆による副作用

ムクナ豆の主成分はエネルギー、炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラルなどです。大豆やそら豆と変わらないため、ムクナ豆による副作用の心配はありません。

しかし、Lドーパの含有量が多いため、多量摂取することでドーパミンの過剰摂取に繋がってしまい、低血圧や幻覚の症状が出るおそれがあります。また、豆類にアレルギーがある場合は、当然避けた方が良いでしょう。

ムクナ豆による催淫効果

ムクナ豆は催淫効果も優れています。Lドーパには、男性ホルモンの一種であるテストステロンを活性化させる効果があります。テストステロンは興奮物質ドーパミンを分泌させるための、男性の「性欲」そのものに深く関わっているホルモンと言えます。

このホルモンが活性化されることによって、性的興奮も高まり、勃起しやすくなる状態を作るというわけです。ドーパミン自体は40歳くらいから衰退していってしまうため、元気がなくなってきたなと思い当たる節がある方は、Lドーパが含まれた精力剤を利用することで改善されるかもしれません。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

知っておいた方がいい精力が向上する7つの成分とは?

NO IMAGE

トンカットアリはマカより優れてる?効果も解説

NO IMAGE

高麗人参で夫婦仲解消!?効果と副作用について

NO IMAGE

サプリでペニス増大?シトルリンの効果と副作用

NO IMAGE

精力剤の成分「アルギニン」ってなに?効果と副作用も解説

NO IMAGE

精力剤に配合されている成分、ガラナの効果と副作用について