精力剤に配合されている成分、ガラナの効果と副作用について

精力剤に配合されている成分には色々種類がありますが、「ガラナ」もその1つです。では、「ガラナ」はいったいどういったもので、アルギニンやソフォンと比較してどういった違いがあるのでしょうか?

ガラナはブラジル原産の植物です。種子を加工することで頭痛の治療や、鎮痛剤として使用されてきました。ガラナにはコーヒーの2.5倍~3倍のカフェインが含まれています。このカフェインが滋養強壮などに繋がる効果を発揮するのです。

ガラナの効果

ガラナを摂取することで期待できる効果として、むくみの予防と改善、運動能力の向上、疲労回復、アルツハイマー病の予防などがあります。

含まれている大まかな成分には、サポニン、タンニン、カテキンなどがあるため、肩こりの解消、喘息の抑制、利尿作用、ストレスやうつの緩和などの効果にも期待できます。

ガラナには副作用はあるの?

副作用の心配はない安全な植物です。ただしガラナ自体に含有されているカフェインが多いため、多量摂取することで眠れなくなったり、心拍数が増加したり、気分が悪くなったりなどの可能性はあります。

また体質でも、これらの症状が強めに発現する場合はあります。カフェインに弱い人は避けた方が無難と言えるでしょう。

ガラナの働きの仕組み

ガラナにカフェインが多く含まれていることは前述しましたが、そのカフェインがいったいどういった仕組みで体へ作用していくのでしょうか?

脳には神経伝達物質アデノシンというものがあります。脳細胞はこのアデノシンを受け取ることで、興奮を抑制するようになります。このアデノシンは、カフェインでも受け取ることができるのです。

カフェインがアデノシンを受け取ることで、脳細胞が受け取ることができなくなります。その結果、興奮を抑制することができず、脳はずっと興奮したままになるわけです。カフェインが眠気冷ましなどに効果があるのは、こういった作用があったのですね。

ちなみに、ガラナにはコーヒーよりも多くのカフェインが含まれているため、その影響で興奮が続くことになります。興奮が交感神経を刺激し、アドレナリンを分泌する働きを生むことになるのです。

アドレナリンは筋肉や脳などに多量の血液を循環させる働きがあるため、集中力が増すことは知られています。呼吸も速くなり、より多くの酸素を体内に取り入れ、体が激しい運動ができる状態になるといわれています。

そういった理由で、ガラナを摂取することで一時的に運動能力を高める効果が期待できるとされるわけです。アスリートの尿検査でカフェインの限界値が見られるのはこういった理由があるのです。一種のドーピングとして扱われるわけですね。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

高麗人参で夫婦仲解消!?効果と副作用について

NO IMAGE

精力剤の成分「亜鉛」の摂りすぎは危険!?効果と副作用について

NO IMAGE

サプリでペニス増大?シトルリンの効果と副作用

NO IMAGE

天然のバイアグラ「ソフォン」の効果と副作用について

NO IMAGE

植物界のシーラカンス「ムクナ」の効果と副作用について

NO IMAGE

カツアーバ(カツアバ)で勃起不全改善!?効果と副作用について