精力剤の成分「アルギニン」ってなに?効果と副作用も解説

今回は「アルギニン」について、詳しくご説明します。そもそもアルギニンとは何なのでしょうか?アルギニンとはアミノ酸の一種で体内から生成されますが、食べ物からは少量しか摂取できず、実際は不足しがちになります。

アルギニンが含まれている食べ物には、豆類、肉類、魚類、乳製品などがありますが、いずれも含有量は非常に少なくなっています。よって毎日しっかりと補給することで健康維持に繋がるということになります。

効果

アルギニンは精力の向上、回復に高い効果が期待されますが、それだけではありません。大変多くの有益な効果をもたらしてくれるのです。

肥満の改善、メタボリックシンドロームの予防に効果的であり、それら生活習慣病が引き起こす病気、糖尿病、脳梗塞、動脈硬化、高血圧、心臓病の改善にも繋がるとされています。

カラダに良いとされる仕組み

アルギニンは、血管で一酸化窒素の生成を助けてくれる効果があります。そして一酸化窒素は血管を弛緩させる働きがありますので、動脈拡張を起こし血液量を増加させる効果へと繋がっていくわけです。一酸化窒素には血管内を掃除してくれる役目もありますので、老化防止には欠かせない栄養素となります。

また成長ホルモンの分泌を促す作用もあり、全身の代謝の促進、脂肪減少、筋力増加、骨の強化といった効果も期待できます。疲労回復にも効果的で、まさに万能薬といっても過言はないのです。

アルギニンが不足することの影響

最近の研究で、アルギニンの慢性的な不足によって引き起こされる症状に、老化の進行を早める、体の抵抗力そのものの低下、老化病の誘発、生活習慣病の慢性化、感染症などへの免疫低下などがあると考えられています。

精力とアルギニン

では、精力の向上などへの効果は、いったいどの程度期待できるのか。まずED(勃起不全)は一酸化窒素の減少が引き起こすことで発症すると考えられます。一酸化窒素の減少には様々な要因が考えられますが、老化、動脈硬化、糖尿病、ストレスなどが主な原因とされています。

アルギニンがこれらに有効な働きをすることは既に述べたとおりです。しかし、要因の中でも症状の進行具合によっては、摂取したアルギニンでは補いきれない可能性があるものもあります。

ストレス性が原因の場合

単純に摂取したアルギニンでは補えない場合もありますが、だからと言って多量摂取すると体に毒となります。さらにストレス性が原因となっている場合は、効果そのものが鈍くなってしまっていたり、アルギニンが作用する有効な働き自体を破壊する場合もあります。

その場合はストレスそのもの、ストレスを誘発させているものを取り除くことが重要となってくるのです。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

マカが精力剤に使われている理由。効果と副作用について

NO IMAGE

高麗人参で夫婦仲解消!?効果と副作用について

NO IMAGE

サプリでペニス増大?シトルリンの効果と副作用

NO IMAGE

精力剤の成分「亜鉛」の摂りすぎは危険!?効果と副作用について

NO IMAGE

植物界のシーラカンス「ムクナ」の効果と副作用について

NO IMAGE

カツアーバ(カツアバ)で勃起不全改善!?効果と副作用について