トンカットアリはマカより優れてる?効果も解説

マカと同じぐらい精力剤のパッケージで見かける「トンカットアリ」、これはいったい何なのでしょうか?どんな効果が、いったいどれくらい期待できるのか。マカと比較して、どれくらい優れているのかなどを詳しく見ていきましょう。

「トンカットアリ」はマレーシアやインドネシアの熱帯雨林の山地にある、にがき科の灌木で、その根っこに当たる部分です。別名でマレーシア人参と呼ばれていることからもわかる通り、朝鮮人参やマカと非常によく似た性質を持っています。安全性の高い植物であり、副作用も心配ないとされています。

「トンカットアリ」は、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌を促してくれます。テストステロンが増えると、肉体的や精神的な疲労を抑えたり、スタミナを上昇させたりといった効果が期待できます。

さらに男性機能を高め、性欲を上昇させたり、男性不妊を改善する働きもあります。

「トンカットアリ」が「マカ」より優れている点

マカと同じくアルギニンが成分に含まれていることで、精力増強にも効果があります。さらにアルギニンの吸収を促す「ビタミンB6」や精子の成分である「亜鉛」も含んでいる点で、マカよりも精力剤の成分として優れていると言えるでしょう。

「トンカットアリ」を摂取した後

さらに効果を高めるという意味で、適度な運動や睡眠が重要になってきます。トンカットアリ自体にテストステロンの分泌を促す効果があることは既にお伝えしましたが、このテストステロンは普段の生活リズムが悪いと分泌量が低下してしまうのです。

せっかくトンカットアリを摂取しても、不摂生を続けていると十分な効果が得られなくなります。

「トンカットアリ」の他の効果

これらはマカにも同じ効果があるとされていますが、動脈硬化の予防、ストレスの軽減、がん予防などへ効果的に作用してくれます。それ以外にも集中力の向上、利尿作用にも効果を発揮するとされています。

「トンカットアリ」と「マカ」はどっちがいい?

効果での差異だけに注目すると、トンカットアリは集中力の向上と利尿作用へ特に効果を発揮しますが、マカは体力増進と不妊体質の改善へ特に効果を発揮するとされています。

それ以外の点では両方ともほぼ同じだと言えますが、精力剤としてはトンカットアリの方が若干上位にくると思われます。栄養剤、健康食品としては差がほとんどないでしょう。

EDは改善される?

副次的に勃起を助長することになるため、効果がまったくないわけではありません。しかし、EDの原因が心因的の場合、強壮剤よりも勃起薬の方が適していると言えるでしょう。体質などもあるため、事前に医師に相談してみるのが一番だと思われます。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

カツアーバ(カツアバ)で勃起不全改善!?効果と副作用について

NO IMAGE

精力剤の成分「亜鉛」の摂りすぎは危険!?効果と副作用について

NO IMAGE

イチョウ葉エキスで勃起持続力アップ!?効果と副作用について

NO IMAGE

マカが精力剤に使われている理由。効果と副作用について

NO IMAGE

天然のバイアグラ「ソフォン」の効果と副作用について

NO IMAGE

植物界のシーラカンス「ムクナ」の効果と副作用について