妊活に効果的な食材とは?妊娠しやすい身体を内側から作る!

妊活に効果的な食材というものがあるのを知っていますか?男性と女性によって摂取したい栄養素が変わってきますが、決して悪影響があるわけではないので、妊娠を目指すために共に摂取できるようにバランスの良い調理を工夫してみましょう。

妊娠しやすくなる食材(女性)

ビタミンCとビタミンEを同時に摂取できるようにしましょう。ビタミンCには卵子の老化を遅らせる作用があります。そしてビタミンEには排卵の促進、卵巣重量の増加、ホルモンの調整をするという働きがあります。

これらを同時に摂取することで、より妊娠しやすい体づくりが見込めるでしょう。具体的な食材は、ピーマン(赤や黄)、ゆず、パセリ、レモン、アンコウの肝、筋子、あゆ、いわし、たらこなど。

単体では食べづらい食材も多いので、できれば食べやすい魚類やピーマンから多く摂取できるような料理にしたいところですね。

妊娠しやすくなる食材(男性)

とにかく重要となるのは「亜鉛」です。亜鉛が不足することで生殖能力が低下するだけではなく、精子自体の運動能力、体力が低下してしまい、そもそも卵子まで到達できなくなってしまうのです。

厚生労働省が、理想的な1日の摂取量は3~15mgと推薦していますが、普段の食生活で亜鉛が食品から摂取できる量は約30%程度と言われているほど不足しやすい栄養素です。

したがって、亜鉛を必要量摂取するにはサプリメントの併用が効果的と言えるでしょう。しかし、亜鉛は、摂取しすぎることでも副作用を招いたり、中毒になってしまう成分でもあります。サプリなどを併用する場合は、くれぐれも摂取しすぎないように注意してください。

亜鉛が含まれている具体的な食材は、生ガキ、豚肉レバー、牛肉、卵黄、タラバガニ、ローストビーフ、ナッツです。

これまた日常的に食べるには難しいor食べ飽きてしまうような食材です。また男性は亜鉛以外にも、妊活に影響のある「強い精子づくり」に作用する成分がたくさんあります。代表的な成分はアルギニン、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、セレン、マンガンなどです。

女性側でも挙げた、いわしには男性に必要なセレンも含まれていますし、女性にも必要なビタミンEが含まれているウナギ、アボガド、ナッツも精子の製造に効果的だと言えます。

またアルギニンは精液の約80%を占める成分で、精子の量そのものを増やし、精子の運動量も高めてくれる効果があります。

このアルギニンが含まれている食材には納豆、高野豆腐、かつお、まぐろ、エビ、カニ、レーズンなどがあります。これらをうまく絡めた上で、献立を工夫するようにすると良いでしょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

妊活中に男性が行った方がいいこととは?

NO IMAGE

妊活をスムーズに行うための具体的な方法とは?

NO IMAGE

覚えておきたい、妊娠しやすい身体を作るための6つの体質改善方法!

NO IMAGE

妊活をしないと妊娠は難しいのか?

NO IMAGE

妊活中に男性がすることで女性が喜ぶこととは?

NO IMAGE

妊活の効果を極限まで高めるストレス解消法とは?