勃起維持ができない・・・。そんな時、精力剤を使うのはありなの?

最近、勃起持続力が落ちた……。こういった悩みを抱えておられる方も多いと思います。そこで、勃起力を回復する手段として精力剤を使うのは最適なのか?という疑問を解決しましょう。

結論から言うと、どちらとも言えます。まずは「精力剤」について簡単におさらいしてみましょう。

精力剤の種類

大きく分けて精力剤には2種類あります。

  • 強壮剤を主とした「栄養剤」としての側面が強い精力剤
  • 勃起薬を主としたED治療としての「医薬品」としての精力剤

広義での「精力剤」はこのどちらをも内包する言葉です。狭義の「精力剤」は最近は主に前者を指して使われます。後者は勃起薬やED治療薬として呼ばれるのが一般的で、代表的なものに「バイアグラ」などがあります。

以上のことから

  • どちらの「精力剤」を使用するか
  • 求める効果は何なのか
  • 勃起力の原因は?
  • 副作用の有無
  • 持病や服用している薬はあるのか

といったことが観点となってきます。それでは1つずつみていってみましょう。

どちらの「精力剤」を使用するのか

一概に勃起しなくなったといっても原因は様々です。心因性の勃起不全であれば勃起薬の使用もありでしょう。しかし、単純に加齢による男性ホルモンの分泌量が減少しているのであれば、勃起薬の使用は最適とは言えません。

勃起薬の効果で勃起はするでしょうが、射精時に精子の量が減少していたりなどの弊害が考えられます。そして根本的な解決に繋がらないため、安易な多用へ繋がる可能性が強く、強い副作用などを引き起こす危険性があります。

求める効果は何なのか

単純な勃起不全の改善か、性欲の向上なのかで使用する精力剤が変わります。前者であれば勃起薬、後者であれば強壮剤が最適でしょう。強壮剤であれば継続的に服用し、体質の改善から行う必要があります。

勃起力の原因は?

原因がハッキリしていない場合は、まず医師に相談しましょう。EDだと診断された場合は勃起薬が処方されるかもしれません。射精時の量が少ないや感度が悪くなってきたなどで中折れする場合は、まずは強壮剤を使用してみましょう。

副作用の有無

単に副作用という意味ではどちらの精力剤にも存在します。しかし、多量に摂取しない限り強壮剤は安全と言えるでしょう。(※アレルギーなどは除く)

勃起薬の場合は総じて副作用が現れやすいです。

持病や服用している薬はあるのか

特に持病で服用している薬がある場合は、使用すると重篤な副作用を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

こういったことから、EDでない場合の勃起薬の使用はオススメできません。理由は根本的な解決に繋がらず、一時的な解消にしかならないために多用するおそれがあるためです。

そういった場合は、強壮剤に分類される精力剤を使用してみてください。継続的な服用が必要ですが、中折れにも高い効果を発揮すると思います。

また強壮剤の中には勃起不全に効果があるものもあるため、勃起薬の使用を考えているぐらいならこちらを試してみるべきでしょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

旦那のペニスがセックスの途中で萎えてしまう(中折れ)時の対処法

NO IMAGE

コンドーム装着の際に萎んでしまったり、中折れしてしまう原因と対処法

NO IMAGE

セックス時の中折れで悩んでいませんか?そんな時は精力剤がおすすめ

NO IMAGE

性行為時に中折れしないために、精神面(メンタル)から改善する

NO IMAGE

中折れや勃起持続力に悩む50代男性に精力剤がお勧めの4つの理由

NO IMAGE

彼氏が中折れするのは女性に魅力がないから?原因と改善方法