SEXの時に中折れしてしまう原因と対策方法とは?

「中折れ」に対して、日頃からできる対策はあるのでしょうか?精力剤を使い体質を改善しながら効果的な対策を行うことで、より効果的に中折れを防止する方向へと体を作っていきましょう。

中折れが男性ホルモンの分泌量の低下が原因であることは、「中折れや勃起持続力に悩む50代男性に精力剤がお勧めの4つの理由」という記事でも触れました。精力剤を用いて直接男性ホルモンの分泌量に働き掛けるのは、非常に有効な改善方法の1つです。

しかし、それだけで良いのでしょうか?せっかく精力剤を使用しているのだから、さらに効果が高まるような対策を行いたいところです。

ストレスをためない

とにかくストレスの要因となりそうなものはすべて遠ざけて、ストレス解消を行うのが効果的です。具体的には下記の4つです。

  • 適度な運動
  • ストレッチを行う
  • 睡眠をしっかりとる
  • 趣味の時間を作る

といったことから始めると良いでしょう。ストレスが加わることで、男性ホルモンの減少スピードは加速していくのです。つまり男性ホルモンの分泌量に、ストレスは大敵だということですね。

男性ホルモンをさらに増やす方法

  • 筋トレを行う
  • 有酸素運動をする
  • 睡眠をしっかりとる
  • タンパク質を多く摂取できる食事をとる
  • メタボを改善する

などがあります。いずれも健康に繋がる行為と言えるでしょう。不摂生などは以ての外で、精力剤の効果も薄まってしまうので特に気をつけてください。

勃起機能の改善

やはり運動が効果的です。勃起力に深く関わる筋肉は「骨盤低筋群」です。骨盤低筋群とは、骨盤の底の内臓を支える役目を果たしている筋肉群のことを指します。男性が勃起を維持するためには、男性器に流れ込んだ血流を外に逃がさないようにする必要があります。

このとき男性器の根本を締め付け、血液の流れを防ぐのが骨盤低筋群なのです。そういった理由で、骨盤低筋群が発達しているほど中折れを防ぐことができると言えます。

その骨盤低筋群の発達に効果的なトレーニングは「スクワット」です。スクワットにより太ももの内側にある内転筋が鍛えられますが、内転筋は骨盤低筋群と繋がっているためスクワットで効率よく鍛えることが可能です。

方法としては、足を肩幅より少し広めに開き、背筋を伸ばし腕を後頭部で汲みます。そして背筋を伸ばした姿勢を保ったまま、ゆっくり腰を下ろしていき、太ももが床と水平の位置まで腰を落としたら腰をあげていく、という動作になります。最初は無理をせずに回数を控えて、少しずつ回数を増やしていきましょう。

他にも骨盤低筋群を直接鍛える効果があるトレーニングがあります。肛門を5秒間締めて5秒間緩める、という動作を繰り返すことで効果があります。どこでも手軽にできるトレーニングなので、気がついたらこまめにやっていきましょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

勃起維持ができない・・・。そんな時、精力剤を使うのはありなの?

NO IMAGE

性行為時に中折れしないために、精神面(メンタル)から改善する

NO IMAGE

彼氏が中折れするのは女性に魅力がないから?原因と改善方法

NO IMAGE

旦那のペニスがセックスの途中で萎えてしまう(中折れ)時の対処法

NO IMAGE

コンドーム装着の際に萎んでしまったり、中折れしてしまう原因と対処法

NO IMAGE

中折れや勃起持続力に悩む50代男性に精力剤がお勧めの4つの理由