従来のED治療薬とは違う、シアリスの効果と副作用

バイアグラやレビトラと同じED治療薬としては、一番新しい「シアリス」日本では2007年9月より発売が開始され、知名度はバイアグラほど高くありません。

また効果自体はバイアグラ、レビトラと同じものが期待できますが、シアリスはバイアグラ、レビトラが抱えていた欠点も幾つか改善されています。それらも含めて見ていきたいと思います。

シアリスの効果

主な効果は従来のED治療薬と同じで、勃起を助長する働きがあります。また外部から性的刺激、性的興奮を受ける必要があるのも同様です。

アルコールに関しても同じで、適量であれば問題ありませんが、飲み過ぎると薬が効かなくなったりするばかりか、危険な状態になる可能性があります。1日1回の服用とし、使用間隔は[10mg][20mg]共に24時間以上空けてください。

従来ED治療薬との違い

最大の違いは効果時間で、10mgで約24時間、20mgで最大36時間と長時間作用します。従来のように、薬の効果が切れるタイミングに気を使うことがありません。

また従来のED治療薬であるバイアグラレビトラは食前食後の用法が厳しく、誤った使用法で服用すると、薬の効果が効かなくなってしまうこともありました。

ところが、シアリスは3種の中でも特に食事による影響を受けにくく、いったん体に吸収してしまえば、食事の時間を気にせず過ごせるようになりました。シアリスは性交のおおよそ3~4時間前に服用することで、ちょうど良いタイミングで効果が現れ始めます。

しかし、人によって、またはそのときの体調次第で吸収の速度が1~4時間と幅があるため、薬の効果時間の長さも考慮して、早めに飲んでおくといいでしょう。

服用の際、食事の影響は受けにくいと言えますが、その条件は800kcalまでとなります。空腹時の吸収が早く、効きやすいのは従来ED治療薬と変わりません。

シアリスの副作用

主な症例は頭痛、紅潮、顔のほてり、消化不良などで、従来品と変わりませんが、シアリスはじわじわとマイルドに効果が現れ始めるため、従来品と比べても副作用は軽度であることが多いとされています。

併用できない薬

シアリスも、バイアグラ、レビトラと同じく併用できない薬が存在します。

硝酸剤

飲み薬、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなど

慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

以上のことから、バイアグラ、レビトラと比べて即効性には若干劣りますが、持続力は比べものにならない上、副作用の発現も控えめとなっています。

金曜の夜に服用すれば日曜の昼間まで作用していることから、「ウィークエンドピル」と呼ばれているほどです。総じて使い勝手の良い勃起薬だと言えるでしょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

飲みすぎ注意!バイアグラの効果と副作用

NO IMAGE

服用のタイミングはそれぞれ違う!勃起薬、ED治療薬の効果と副作用

NO IMAGE

バイアグラとどう違うの?レビトラの効果と副作用

NO IMAGE

問題点だらけ?偽造バイアグラと純正バイアグラの違い