媚薬の安全性と効果はどうなの?精力剤と媚薬の違い

よく耳にする「媚薬」というもの。これは「精力剤」とは別の物なのでしょうか?また具体的にどう違うものなのでしょうか?今回はそういった点を詳しくみていきたいと思います。

まず広義で「媚薬」は「精力剤」の一種として扱われます。わかりやすい例だと、フィクションものでは「媚薬」と表記することが多くなります。その理由は「精力剤」とわざわざ表記する理由、メリットがないためです。

性欲を高ぶらせる薬ならなんでもいい場合、「媚薬」と表現した方が読者がイメージしやすくなるメリットもあります。もちろんフィクションものでも「精力剤」に限定しなければ話が進まない場合は、「媚薬」とは表記しないかと思います。

さらに、狭義の「媚薬」は一般的に「催淫剤」とされるものであり、勃起不全の治療にも使われる薬を指します。この辺りは言葉遊びによるものが多く、具体的に大きな差異はありません。

媚薬とは?

ここでは一般的に販売されている「媚薬」と「精力剤」の違いを説明します。主に女性向けで性欲を高めたり恋愛感情を高ぶらせる効果があり、種類は様々です。

錠剤タイプであったり、塗り薬タイプ、液体状のスプレータイプ、香水のようなもの、アロマテラピーのようなものもあります。いずれも性器を刺激する効果があり、性欲の向上に大きく効果があると言えます。

副作用はあるのか?

一概にないとは言えません。たとえば塗り薬タイプを使用することで、体質が合わない人は患部がかぶれてしまったりする可能性がありますし、スプレータイプや香水のようなもので、目が乾くような状態になる可能性はあります。

それ以外に吐き気を覚えたりする方もいるでしょう。いずれも継続して使用したり、長時間影響下にあるようなことをしなければ、軽度なものと考えられます。

国産と海外製の違いはあるの?危険は?

これも一概には言い切れません。しかしほとんどの場合、国産は安全性をないがしろにする製品は皆無といってもいいです。そのため思っていたより効果が感じられない、といったことは多々あります。効果が強すぎること自体が副作用となりかねないためです。

そういった理由で、効果の強い海外製が主流となっているようです。体内に入れる錠剤タイプよりも、塗り薬タイプやアロマテラピーのようなものが、危険性も少なく人気となっているようです。

媚薬も持病を抱えている方は、何らかの弊害を伴う可能性があります。また飲み過ぎ、使いすぎにはくれぐれも注意しましょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

精力剤は通販で簡単に購入できますが、注意事項もあります!

NO IMAGE

精力剤を薬局で購入する際の注意事項!値段は高いし品数が少ないのが欠点

NO IMAGE

コンビニで精力剤?必要な時に手軽に購入できるコンビニの注意事項

NO IMAGE

いつまで悩んでいるのですか?精力剤の正しい選び方

NO IMAGE

まずは知っておこう、日本と海外の精力剤の違いと副作用について

NO IMAGE

精力剤は種類が多いので、目的に合ったものを選ぶのが最適!