まずは知っておこう、日本と海外の精力剤の違いと副作用について

海外の精力剤は日本のものと比べて、効果が強いものが多くなっています。体格の差であったり、食文化の差であったり、性分化の違いもあると思います。そのため、総じて日本人には効果が強めであると言えるでしょう。

体があまり丈夫ではない人にとっては、海外の精力剤は危険が伴う可能性もあります。中には安全面がかなり低く、限界ギリギリの低コストで生産しているものもあるでしょう。海外製の物を買う場合、無闇に安い物は避けた方が無難です。

しかし、そうなってくるとわざわざ海外製のものを買うメリットが少なくなってきます。もし、あなたが国内の精力剤を色々試していて、日本の物では物足りない場合、海外のものを使うのも一考だと言えます。

そうでない方は、安さにつられて海外製に手を出さない方がいいでしょう。まず自分の体が精力剤に対してどの程度抵抗力があるのか?が未知数だからです。

効果が強すぎて倒れてしまう可能性もあります。そういった方は、まずは国内のものを試してみたほうがいいと言えるでしょう。

日本と海外の精力剤の副作用

考えられる軽度な副作用としては、吐き気、下痢、頭痛、めまい、発熱、イライラする、動悸や息切れ、喉が渇くなど。重篤なものとしては、視覚障害、意識障害、各内臓の障害、心筋梗塞など。このうち重篤なものは、国内の精力剤であれば症状が現れたケースはありません。

しかし、海外(主に中国)製のものの中には、これらの症状が現れたケースが存在します。見逃せないほど重い症状が多いため、心配なら海外製は避けた方がいいでしょう。軽度な副作用は、国内の精力剤でも症状がみられます。精力剤に対して体が過敏に反応してしまう人に多いようです。

体の強さに自信がない人は、まずは健康食品系などから始めてはいかがでしょうか?おそらく、軽度な副作用としてあげた症状が、どの程度なのかがわかると思います。

健康食品系を使用した後、症状にちょっと耐えられないかなと思ったときは、精力剤の使用は止めておいた方がいいと思われます。

また、海外製の精力剤も、軽度な副作用は日本のものより強めに出る可能性が高くなります。日本の精力剤で耐えられないようであれば、海外製の物は避けましょう。

アレルギーにも注意

日本の精力剤を購入する際はもちろん、海外製のものを購入する際もアレルギーには注意しておきましょう。

以上のことから、日本人は日本のものを使用する方が望ましいと思われます。アレルギー成分の確認もしやすく、何らかのトラブルの際も連絡が取りやすいのは、多少の価格差を補う価値があるのではないでしょうか。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

媚薬の安全性と効果はどうなの?精力剤と媚薬の違い

NO IMAGE

いつまで悩んでいるのですか?精力剤の正しい選び方

NO IMAGE

その精力剤、本当に安全?精力剤を購入する際の注意事

NO IMAGE

精力剤を買う前に、東洋医学(東洋薬)と西洋医学(西洋薬)の違いを知っておきましょ...

NO IMAGE

効果を最大限引き出すために、精力剤の正しい飲み方を学ぶ

NO IMAGE

多量摂取は危険!精力剤にも副作用はあります