漢方薬だから安全?そんなことはありません。漢方系精力剤の副作用

本稿では漢方系の精力剤について、まとめてみました。一般的に漢方薬は安全で副作用がない、と言われていますが、副作用のない確率が100%という意味ではありません。また副作用そのものにも軽度なものから重篤なものまで存在します。

例えば、薬を飲むことで気分が悪くなった。吐き気などなくとも、これも立派な副作用です。座薬を使用した後、下痢になったりすることもあると思います。これも同じ「副作用」なのです。

漢方薬は安全?

安全性という意味では、西洋薬と比べると遥かに安全です。というのも安全であるように作られているためです。ですが体質によっては、何らかの副作用を招く可能性はゼロではありません。これは病院で処方された薬を使っても、市販の総合風邪薬を使っても同じことです。

もちろん度を過ぎた使用は危険ですが、そもそも漢方薬は効果を弱めにした上で、じわじわと効くように作られているので、副作用があったとしても初期では軽度である可能性が高いと言えます。その時点で服用をやめれば問題ありません。

もし副作用を重視するようであれば、薬は一切飲めないことになります。

結局のところは体質(個人差)

漢方薬による副作用は、体質によるという結論になります。とはいえ、これは漢方だけに限らず薬全般に対して、ということになるわけですから、合わない人もいるでしょうし、そうでない人がほとんどでしょう。基本的には、安価なものは低品質の可能性があるため避けた方が無難と言えます。

合わない人もいますので、服用して気分が悪くなったり、体に異変があったとき、すぐに服用を中止して医師に相談するのが最善だと言えます。少量ずつ服用するため、すぐに気づくことができれば致命的な症状になる危険はないと言えるでしょう。

危険なのは「漢方薬=安全」という固定観念

こういった先入観から、赤ん坊に飲ませてしまったり、多量に服用してしまったり、持病に合わない薬を医師に相談せずに服用してしまったり、といった使う側の考えや倫理観によるところが大きいと言えるでしょう。

いかなる薬も用法を守らず使用すれば毒になりますので、医師の指示に従って、正しく使用するようにしましょう。

以上のことから、漢方系の精力剤と言っても100%安全ということはありません。特に品質(価格)やどこで作られたものなのか、そもそもその薬は有名なのか、どれぐらいの人がどういった評価をしているのかということを、しっかり把握した上で購入、使用するようにしましょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ちょっと待って!海外製の精力剤の注意事項

NO IMAGE

精力剤、勃起薬、ED治療薬の違いはなんなのか?

NO IMAGE

いつまで悩んでいるのですか?精力剤の正しい選び方

NO IMAGE

コンビニで精力剤?必要な時に手軽に購入できるコンビニの注意事項

NO IMAGE

効果を最大限引き出すために、精力剤の正しい飲み方を学ぶ

NO IMAGE

精力剤は通販で簡単に購入できますが、注意事項もあります!