その成分本当に安なの?中国製の精力剤の副作用

ここでは中国製の精力剤について詳しくまとめてみました。あまりプラスに繋がるイメージはないと思います。実際、「安い」ぐらいしか思いつかないでしょう。中国製のその「安さ」の裏には、徹底したコスト削減がなされている可能性が高いのです。

日本では「安全性」はコスト削減の対象にならないことが多いと言えます。安全性を欠いた企業は、消費者から見放されるだけなく、薬事法に抵触する可能性があるからです。

しかし中国の場合、薬事法からして違います。つまりコスト削減の中に、安全性の低下も含まれているということです。それは漢方薬=安全を覆すほどのもので、不適切な成分や過剰な分量、さらには不正表記などだけではなく、偽物も多く出回っています。

中国製の精力剤の使用は、安くてもリスクが高くなるということがよくわかりますね。

中国製について

ここで少し考えなくてはいけないのが、中国製=中国(サイト)で購入したもの、だけではないということです。中国で作られた物も含まれますし、事実日本で買える物の中にも中国製の精力剤が存在します。

「中国製だから問題」なのではなく、「不適切な成分だから問題」なのであって、それは中国に限るわけではないということを付け加えておきます。

中国製の精力剤の副作用について

報道されているものの中で特に多いのが、視覚障害と低血糖による意識障害です。視覚障害は視界が青っぽく見えたり、紫がかっていたり、といったことがあります。意識障害は文字通り、意識を失ったりすることです。その理由は「グリベンクラミド」という成分が、過剰に含まれていたからでした。

これは糖尿病の治療によく使用されるもので、血糖値を下げる効果があります。それが通常1日に摂取する分量の約8倍、多い物で12倍も含まれていたために、こういった副作用を引き起こしたと考えられます。

では、精力剤になぜグリベンクラミドが含まれていたのでしょうか?答えは糖尿病の症状のひとつにありました。勃起不全の原因のひとつに糖尿病があります。

つまりこの精力剤は、血糖値を下げることで糖尿病の症状を押さえつけ、そこから勃起力を回復させようとしたのです。そしてこの精力剤は、「糖尿病の人に人気」であることがウリだったようです。

またそれ以外にも激しい頭痛が丸二日に渡って続いてしまったり、頭がぼーっとしてしまったりなど、症状は幾つもあるようです。

中国製だから危険というわけではありませんが、低品質なことも含めて危険性の高いものが多いということがよくわかる例だと言えますね。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

その精力剤、本当に安全?精力剤を購入する際の注意事

NO IMAGE

精力剤を薬局で購入する際の注意事項!値段は高いし品数が少ないのが欠点

NO IMAGE

多量摂取は危険!精力剤にも副作用はあります

NO IMAGE

精力剤、勃起薬、ED治療薬の違いはなんなのか?

NO IMAGE

どんな時に精力剤、勃起薬、ED治療薬を使えばいい?即効性について解説

NO IMAGE

精力剤は種類が多いので、目的に合ったものを選ぶのが最適!