遅漏で悩む必要はない!簡単にできる遅漏の改善方法とは?

遅漏の原因はこちらの「知っておいた方がいい遅漏の原因とは?」ある程度把握できたと思います。次は遅漏の改善方法を見ていきましょう。

極端で簡単な解決方法や体質や薬による改善方法まで様々ですが、ここではそれらをひとまとめにして紹介していきたいと思います。

自慰を止める

俗に言うオナ禁と呼ばれる禁欲行為です。単純に性行為の2日~3日前から行うパターンと、継続的に行うパターンがあります。自慰が癖になっている人は生活の一部に組み込まれてしまっている可能性が強く、何かしらの弊害を招く可能性はあります。

例えば寝る前に自慰をしないと寝付けない、朝起きたときに自慰をしないと頭がハッキリしないといった場合です。しかし遅漏で悩んでいるのであれば、せめて性行為の前に自慰を行うのは止めておきましょう。

また継続的に行うと美肌や脱毛、精神面の充実などの効能があるとされていますが、これらに医学的根拠はありません。しかし「自慰」に向けていた精力が体内に残留することで、元気になれる可能性は高いと言えます。勃起不全などを患っている方は、逆効果となる可能性もありますので注意してください。

挿入のタイミングを調整する

膣への挿入するタイミングを調整することで、遅漏による弊害を軽減、または無視できるようになると言えます。改善案としては前戯を長めに行ってもらうことにより、感度が高まり満足できる性行為になると思われます。

ただしこの方法は女性側にある程度の負担を与えることになりますので、その場合のケアは忘れないようにしてください。射精感が高まってから挿入するか、高まりそうになってから挿入するかなどのタイミングは各個人で計るようにしましょう。

自慰の方法を変える

原因の1つとなっている手の力を、弱めても快感を得られるように工夫しましょう。また仰向けで足をピンと伸ばして行う自慰や、体を傾けて行う自慰など、実際の性行為の体位と異なる姿勢で行うのが癖になっている場合も射精感が鈍る原因となります。

そういった場合は、いつもと違う姿勢で快感を得られるように工夫することで改善に繋がると言えるでしょう。

興奮を高めるようにする

方法は様々ですが、性行為の際の興奮が高まる工夫をしてみましょう。興味のある性癖に誘ってみたり、媚薬を使用してみたりするのも効果的でしょう。また精力剤の使用も効果的だと言えます。

何よりもあまり悩んだりせず、互いにリラックスして楽しむつもりで行うようにした方がより改善へと繋がっていくと考えられます。

このように遅漏にも幾つもの原因や改善方法があります。これらを試してみても一向に改善されない、効果がない場合は何らかの疾患にかかっている可能性もあります。そういったときは迷わずに病院へ行くようにしましょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

遅漏は早漏より改善しやすい?知っておいた方がいい遅漏の原因とは?

NO IMAGE

早漏克服はできる!知っておいた方がいい早漏の原因と具体的な改善方法は?

NO IMAGE

旦那や彼氏が遅漏で悩んでる!?深刻すぎる遅漏の改善方法とは?

NO IMAGE

旦那(彼)が早漏で満足のいくセックスができない時の改善方法とは?