偏った食事は超危険!インポ(勃起不全)になってしまう食生活とは?

勃起不全に陥ってしまう人の原因に「食生活の乱れ」があります。特に若者に多いと言えますが、偏った食生活はどうしても体を不健康にしてしまいますし、その影響で正常な勃起ができなくなることもあります。

じゃあどんな食べ物が体に悪いの?という疑問を抱きますよね。ですので、今回はインポ(勃起不全)の原因となる可能性のある食事などを紹介していきます。

高カロリー、低ビタミン、炭水化物ばかりは危険

 簡単に言うとカロリーが高く、ビタミンが少なく、炭水化物ばかりの食事が危険です。例を挙げると、ハンバーガーなどのファーストフード、添加物の多いコンビニの弁当、油の多い牛丼、カツ丼、ラーメン、チーズ、卵黄、バター、生クリーム、アイスクリーム、洋菓子などですね。

飲み物でいえば、糖分が多い物はだいたいNGとなります。ジュース、缶コーヒーをよく飲む方は注意が必要ですね。お酒の飲み過ぎもダメです。

コレステロールが高そうな食べ物ばかりを挙げましたが、実はコレステロールを気にしすぎて摂取しないのも、性機能にはよくないのです。

コレステロールは性機能を向上する力もあるので、やはり適度には摂取したいところ。我慢しすぎるのも体に毒です。それがストレスとなってEDを誘発してしまっては元も子もありません。

なので適度な量に留めるようにしてください。

  • 肉類を摂ったときは、同時に野菜を摂るように心がける
  • タンパク質を摂取するために肉の代わりに魚を食べる
  • 高カロリーの食事を摂ったときは、運動をして脂肪を燃焼させる

こういった小さな工夫を積み重ねていくことで、体質が改善されていくと言えます。先ほど上記に挙げた食べ物には、体に悪い(とされている)物が多いですよね。

食べ過ぎることで糖尿病の原因となるものも多いです。そして糖尿病がEDを引き起こす原因となるのも事実です。

糖尿病は国民病とも呼ばれていて、予備軍も含めると日本人の3人に1人がこの病気に掛かっている疑いがあるとまで言われています。

それ以外にも「高血圧」や「心臓病」とった様々な生活習慣病も精力を低下させてしまいます。実はこの生活習慣病とEDは関係しているところが多いため、生活習慣病の改善がEDの改善へと繋がるといっても過言はありません。

実際に糖尿病がEDを引き起こす割合が、糖尿病患者の6割近くまで上るということがわかっています。このように食生活の乱れは勃起不全だけではなく、糖尿病などの生活習慣病も招いてしまうため、食事のバランスには気をつけるに越したことはありません。

偏りすぎる食生活が体へ悪影響となることは明白なので、くれぐれも摂りすぎないように注意しましょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

男性は知っておいた方がいい勃起不全の3つの原因と対策

NO IMAGE

勃起力が衰える5つの原因と対処法

NO IMAGE

20代なのに勃起不全!?若年層の勃起障害の原因と対策

NO IMAGE

ED(勃起不全)に効果的な精力剤はあるの?

NO IMAGE

SEX時に勃起しなかったり勃起が持続できない原因と対処法

NO IMAGE

旦那(彼)のペニスが勃起しない、毎日抱いてくれない、いったいなぜ?