男性は知っておいた方がいい勃起不全の3つの原因と対策

一言で勃起不全(ED)と言っても、全部で3種類のタイプで分かれます。ここではそれぞれの原因と対策を詳しくみていきましょう。勃起不全に繋がる原因は、いずれの場合でも年齢だけではありません。

ストレス性であったり、特定の薬剤の服用による副作用で起こることもあるのです。さらには不摂生な生活を続けていることでも起こりえます。

正常な状態のとき、性的刺激が脳から神経を通して男性器に伝わっていきます。その結果、動脈が広がり血液が流れ込んでいくことで勃起に繋がるのです。

しかし、血管自体に動脈硬化といった障害が発生すると、動脈が広がらなくなり送り込まれる血液が不十分になってしまいます。これが勃起不全です。

では具体的にどういったEDがあり、それぞれがどういった原因で、どういった対策を行えばいいのかをみていきましょう。

心理的な要因で起こるED(心因性ED)

誰にでも起こる可能性があるもっとも多いEDであり、EDと言えばまずこれが思い当たる人も多いと思います。原因はストレスにあるのですが、単純にストレスと言っても2つのパターンがあります。

まずは現実心因と呼ばれるストレスです。これは過剰な緊張、焦燥、心配事、恋人との不和など日常生活で受ける可能性のあるストレスで、比較的心の浅い位置を占めているストレスと言ってもいいでしょう。

とは言っても、これらを抱え込みすぎると大きな問題を招きますし、これらがより深いストレスになっていくこともあります。

それがもう1つが深層心因と呼ばれるストレスです。これはより心の深いところにあるストレスであり、憎しみ、不安、ねたみ、幼少時に受けたトラウマなどがあります。

大半は職場や学校、家庭内の悩みがストレスとなる現実心因が原因となっています。この場合は、薬の服用や少しの通院で改善されることが多いです。

しかし、深層心因が原因である場合、少なくとも本人はそれが深層心因だと認識していないケースがある上に、医師が問題を把握するまでに時間が掛かったりするなど、治療に時間が掛かってしまうことが多いようです。

深層心因の場合は、専門的なカウンセリングを受けて集中的に治療しないと回復は難しいと言えるでしょう。

血管や神経の障害が原因で起こるED(器質性ED)

主に加齢で起こるEDがこちらに該当します。誰であろうと避けられないEDで、体の機能低下は老化に従って進行していくのが常です。

しかし、普段から健康的な生活を送っていれば、精力剤などを使用して体質の改善に努めることでED治療が可能となるのです。年だからとあきらめないで、医師に相談してみましょう。

特定の薬剤を使用していることで起こるED(薬剤性ED)

主に抗うつ剤や降圧剤の副作用が原因で起こるEDです。おそらく薬を処方してもらうときに医師に告げられているとは思います。処方されている薬や症状、量などでも変わってきていますので、性機能を改善したいようであれば医師に相談してみましょう。勃起薬を処方してもらえるかもしれません。

このようにEDでも原因が複数あるので、それぞれに対応した対策を行わなければ改善の見込みはありません。医師に相談した上で、それぞれの対策を講じるようにしましょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

20代なのに勃起不全!?若年層の勃起障害の原因と対策

NO IMAGE

60代でも大丈夫!勃起不全には精力剤がおすすめ!

NO IMAGE

偏った食事は超危険!インポ(勃起不全)になってしまう食生活とは?

NO IMAGE

勃起不全(ED)は本当に精力剤で解消できるの?

NO IMAGE

勃起力が衰える5つの原因と対処法

NO IMAGE

ED(勃起不全)に効果的な精力剤はあるの?