日本人に仮性包茎が多い原因と改善方法とは?

日本人男性の約60%が仮性包茎だと言われています。だいたい3人に2人が仮性包茎という計算になります。

ではなぜ残りの4割は違うのか?
そもそもなぜ包茎となるのか?
遺伝?

そういった疑問にここでお答えしていこうと思います。まず前提として、なぜ日本人男性に多いのか。という点です。これは有名な話ですし、聞いたことがある人も多いのではないかと思います。

海外では男児の出産時に包皮除去手術を施す国が比較的多いのです。見た目云々が理由ではなく、衛生面が主な理由です。日本にはこういった風習がないだけで、「男児はみな仮性包茎状態」で生まれてくるわけです。

さらに「仮性包茎が恥ずかしい」というのも日本独特の習慣のようです。これは日本には昔から共同大浴場が普及していたため、他人の性器を目にする機会が多く、そして見比べてしまうことによるとされています。

ヨーロッパの男性の多くは、仮性包茎の状態は自然で美しいという価値観を持っている人が多いようです。そういえばギリシャ彫刻の男性像も仮性包茎だったりしますね。

また、子供と入浴される際、ペニスの皮を剥いてあげる習慣がある国もあるようです。日本ではなかなか考えられない光景ですよね。こういったことから、日本人の気にしすぎる精神が生んだ産物と言えるでしょう。

とは言っても、真性包茎やカントン包茎と呼ばれる重度なものとなってきますと、いよいよ衛生面で悪影響が考えられます。これは自分だけではなくパートナーにも及ぼす問題です。そういった面から女性が避けてしまうのは、ある種防衛本能と言えるかもしれませんね。

日本人の残り40%に入れなかった理由

個人差もあるので一概には言い切れませんが、1つの原因として自慰の方法が指摘されています。仮性包茎とは陰茎に対して包皮が多い状態のことを指します。

包皮が多く、ある程度自由に動かすことができるため、これを利用して自慰を繰り返すことによって自由になる皮が少しずつ増えていき、仮性包茎が悪化していくと考えられているのです。自慰を行う際は、皮を伸ばさないようにしましょう。

自然に皮が剥ける人もいるようですが、個人差の関係で自然には剥けない人もいるようです。そういった人が放置していることで、真性包茎やカントン包茎と繋がってしまうと言えるでしょう。

陰茎の状態にも言えるので最適解というものは存在しませんが、入浴の際などに少しずつ剥いていくのもいいでしょう。また露出したばかりの亀頭は、非常に刺激に弱くなっていますので注意してください。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

夜の営みがないのは包茎が原因!?夫婦仲を上手く解消するためには?