自律神経失調症が精力減退?その理由とは?

巷で「自律神経失調症」という病名を耳にしたことがあると思います。そもそも自律神経って何なのでしょうか?体を活発にする機能が交感神経、それに対してリラックスさせる機能が副交感神経であるとされ、いずれも自分の意思とは関係なく働く機能です。

そこにストレスや生活の乱れといった何らかの要因が加わることにより、神経のバランスが崩れることになり、体調不良へと繋がっていくのです。

主な症状として挙げられるのは頭痛、肩こり、動悸、倦怠感、頭がボーッとするといったものです。これらの症状が多くみられると、自律神経が乱れていると考えられます。そしてこれが慢性的におとずれる病気を「自律神経失調症」と呼ぶのです。

自律神経失調症の原因と症状

先にも述べましたが、睡眠障害、疲労感、食欲不振、倦怠感、頭痛、性欲減退といった症状がみられ、全体的にうつ病と似た症状が出ます。主な原因はストレスとされていますが、生活習慣の乱れや食生活の乱れも原因となります。そしてその中に性欲減退も含まれているのです。

自律神経失調症には実に多くの症状がみられますが、いずれも外からわかるようなものではなく、しかも何らかの反応を示すようなものでもありません。熱が出るわけでも下痢になるわけでもないのです。

しかし本人にはとても辛い症状であるため、客観的に見たときと比べてギャップがあるのもさらなるストレスを加速させるの要因となってしまいます。

例えば性欲が減退してしまった場合、パートナーの女性はそれをみて「自律神経失調症だ」と咄嗟に思いつける人は少ないと思います。

どちらかというと「自分に魅力がなくなった」などという考えに至ってしまうのではないでしょうか。そしてこれはさらなる症状の悪化の原因となることも否定できないのです。

副交感神経と性欲

副交感神経はリラックス時に機能すると前述しましたが、実は性行為時に快感を感じる場合の神経でもあります。性行為時には副交感神経が優位に働き掛け、射精する瞬間のみ交感神経が爆発するように働き、その後にまた副交感神経が優位になるという関係です。

そのため副交感神経に異常があると、性行為時に平常時通りに継続することが困難になってしまったりすることもあります。その一端と言えるのがED(勃起不全)です。

こういったことから、自律神経の乱れと精力が深く関与していることがわかります。EDは副交感神経が上手く機能していないために起こる病気なのですね。

つまり副交感神経を刺激してあげることが、EDの改善に繋がるというわけです。副交感神経を刺激するには、リラックスした状態などストレスを感じない状態を作り上げることが大切です。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

男性ホルモン低下で更年期障害?いったいなぜ?

NO IMAGE

性欲があれば結婚生活も上手くいく?精力回復のマメ知識

NO IMAGE

以前より精力が減退してる?その原因、タバコとお酒ではありませんか?

NO IMAGE

あなたはどのタイプ?精力が低下する原因と対処法のまとめ

NO IMAGE

精力減退どうしよう!性欲が落ちてしまう食べ物7つとは?

NO IMAGE

旦那(彼)のペニスが勃起しない、毎日抱いてくれない、いったいなぜ?