男性ホルモン低下で更年期障害?いったいなぜ?

ここでは男性ホルモンがどういった影響を与えているのかを、詳しくご紹介したいと思います。一般的に男性ホルモンと呼ばれている成分は、「テストステロン」というものです。

ではこのテストステロンは、体へどういった作用を行っているのでしょうか?最近ではこのテストステロンが低下していることを理由として、男性の間で更年期障害が増えてきています。

これは「男性更年期障害」と呼ばれ区別されているわけです。この男性更年期障害によって引き起こされる症状は、以下の3種類に分別されます。

1つめが「性機能関連症状」

これは性欲の低下やEDのことを指します。

2つめが「精神・心理症状」

これは抑うつ感、落胆や不安、疲労感が抜けない、記憶力や集中の低下といった症状があります。

3つめが「身体症状」

 女性の更年期障害と同様に発汗、ほてり、睡眠障害、関節や筋肉への症状となります。男性更年期障害が特別にそう呼ばれるのは、通常の更年期障害より厄介な問題を秘めているためです。

それはある症状が別の症状を悪化させたり、引き起こさせたりといった働きをし、テストステロンの低下をどんどん進行させていくという点です。

例えば、うつ病による性欲の低下や勃起不全はこれに該当しますし、勃起不全が原因でうつ病を発症することも少なくありません。

さらにそれぞれの症状の「テストステロンの低下」が合わさり、単独で発症する場合よりも多くのテストステロンが低下していくということもわかっています。

EDを放置すると・・・

加齢による器質性EDだから……と放置していると、大病を招く可能性があります。心因性EDはもちろん、EDは改善できる病気なのだということをお伝えしておきます。

そしてEDを放置することで高血圧、高血糖、高脂血症などを要素としたメタボリック・シンドロームへと繋がるおそれがあるのです。

EDかな?と思ったら、年齢によるものだとあきらめたり軽視せずに、早めに医師へ相談するようにしましょう。

PDE5の阻害が重要

EDの根本ともなる原因が「PDE5」と呼ばれる物質です。これは分泌されると勃起を止めようとする働きがあります。射精した後に男性器がしぼむのはこれが分泌されるからなんです。

EDの症状が出ているときもPDE5が分泌されているため、勃起しなくなるというわけです。ED治療薬は、このPDE5を阻害する働きが含まれているため、勃起力の回復へと繋がります。

このPDE5はうつ病を発症しているときにも分泌されます。さらにPDE5阻害剤には「抗うつ感の緩和」「男性ホルモンの増加」という現象を起こすこともあると報告されており、これらの影響によりPDE5阻害剤の働きによってEDが改善。

そして気持ちが晴れ晴れとして抑うつ感も解消され、低下していた男性ホルモンの分泌量も回復していくといった循環に繋がるとされています。

EDとうつ病には意外な関係性がありましたね。確かに心因性EDとうつ病は非常によく似た症状を発症していますし、それぞれが発症する人のタイプも似たような人が多いと言えます。

双方が関与して併発しやすいと言えるので注意しておきましょう。

最強のペニス増大サプリはこれしかない!

ペニスを大きくしたい場合は、増大成分をたくさん摂取する必要があります。ヴォルスタービヨンドは、増大成分の中でも特に重要とされている成分、L-シトルリン(801mg)、L-アルギニン(282mg)、亜鉛(12mg)が、他の増大サプリとは違って大量に増大成分が配合されています。

他にも、バイオペリンやジオパワー15など、全61種の増大成分が配合されているのでまさに最強の増大サプリと言えるでしょう。増大サプリはたくさんあるので、どのサプリを服用するか悩んでる場合は、まずは【ヴォルスタービヨンド】をお試しください。

公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

あなたは大丈夫?性欲減退の3つの原因と改善方法とは?

NO IMAGE

精力減退に悩む40代男性は精力剤がおすすめ

NO IMAGE

性欲があれば結婚生活も上手くいく?精力回復のマメ知識

NO IMAGE

精力減退どうしよう!性欲が落ちてしまう食べ物7つとは?

NO IMAGE

自律神経失調症が精力減退?その理由とは?

NO IMAGE

絶倫食材なんてあるの?精力がつきすぎるかもしれない食べ物5つ!